Jolly's blog

横浜市金沢区・花の店ジョリー
庭仕事6
 







オリーブですね。


 
個人邸には珍しくユーカリのあるお庭。



風が強い日は倒れそうで怖いとのこと。 コンパクトにまとめました。


→大きなマキです。施工後とり忘れましたが・・・。



 
松。 もう、どうにもこうにも・・・。 ほおったらかしだとこうなります。 こういう松はたくさん見ます。

でも、大丈夫。 お任せください。

 
チョキチョキ。


 
本当は松は年に2回いじりたいのですが、一年に一回でもかなりキレイにキープできるはずです。


伸び放題です。

歩く道もありません。

まずは、木の剪定。

コレだけでもかなりスッキリ。

さらに、雑草も取り除きます。

キレイになりました。

逆アングル。




花壇にもせっかくなので、何か植えてほしいとのご依頼。



まずは花壇内の木の剪定とゴミ拾い。


花壇に肥料と良い槌を施します。


こんな根っこもたくさん出てきます。


植え込み。



こんな感じに。



時間いただいたので、キレイに雑草抜き。






↓ もっとキレイに落ち葉も拾うべきでした・・・。 でも雑草は抜けてるでしょ。








 
雑草抜きまくり。 手作業。 きちんと、出来るだけ根から抜いています。



松もあるし、一日じゃ大変でしょうと、二日分時間をいただきました。(ありがとうございました。)

剪定ゴミ処理で一日半、花壇植え込み、雑草抜きで半日といったところ。

植え込みお花代、肥料、土代入れてだいたい4万5千円。

翌年も頼んでもらえるなら、一日で出来るお庭です。



jolly 信
| 庭仕事 | 12:48 | comments(0) | -
庭仕事5
 






















他にも、ここに写っていない大きな梅の木の剪定(木に登って作業)など、一日仕事で2万円いただきました。
| 庭仕事 | 15:53 | comments(0) | -
庭仕事4
 










ここのお庭は、昨年もjollyがいじらせていただいておりましたので、剪定前もそれほどひどい状態ではなく。

ビフォー→アフターにインパクトがあまり無いですかねぇ・・・。

一年に一度手を入れさせてもらえると、とてもキレイにお庭をキープできます。





コレくらい枝をすいてやると、一年に一度の管理でも大丈夫ですね。

雑草も抜いてます。

一日分いただいて、2万円。
| 庭仕事 | 17:04 | comments(0) | -
庭仕事3
 


ツゲにヘクソカズラが絡まってます。

よくあるパターン。



 

キレイになりました。



ランタナやチェリーセージが猛威を振るっています。

刈り込み、刈り込み。





 

野生化した感じ。



すっきり。









こんな感じ。

作業一日分みていただいて、2万円でやったはずです。

| 庭仕事 | 13:53 | comments(0) | -
庭仕事2
 
支柱がだめになり、木が倒れてきているのの直し、他。

 

使えそうなら、支柱は再度使おうと思っていましたが、ごらんの通り・・・。

新しい支柱を用意。



↓これだけ倒れています。

支柱の位置まで木を起こします。(鳥居支柱は新しいもの。)







↑出来るだけお金をかけずに、前の古い支柱を利用してこの木も起こしました。

最低限の新しい竹は使用。



モミの木にも登って剪定。 かなり枝を落としています。 自分でやるとどうしても上っ面をなでるだけの剪定のなりがちですが、かなりスッキリさせることも出来ます。



↑結構ご自分でも庭弄りをされていたお宅でしたが、どうしても、もっさりしてきます。





今回、ちゃんと同じ場所から写真撮ってませんね・・・。

写真はいまいちですが、仕事ぶりをみていた隣の家の方からも、この後庭仕事のご依頼承ってます。

支柱材料代は別途いただいてますが、作業代は一日分。

全部込みで、2万5千円位いただいた気がします。
| 庭仕事 | 13:28 | comments(0) | -
庭仕事1
 

































| 庭仕事 | 17:59 | comments(0) | -
| 1/1PAGES |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE