Jolly's blog

横浜市金沢区・花の店ジョリー
大人たちが作り上げてきた世界だけど、いつの間にか僕たちもいい大人。

かかわると、ろくでもないことに巻き込まれるから、

 

目の前で大変なことが起こっていても、

 

気付かないふりをする。

 

 

 

出る杭は打たれ、

 

空気を読まないものは白い目で見られ、

 

マイノリティは無視される。

 

 

 

言いたいことも言えずに、ストレスを抱え込み、病んでいき、薬づけにされ。

 

毎日食べ過ぎて、毎日睡眠不足で、毎日疲れている。

 

 

 

そんな世界。

 

 

 

 

 

 

 

花屋のおっさん。

 

 

| いろいろ考えてしまうようなこと | 12:02 | comments(0) | -
広島から。
今回、G7外相がそろって広島を訪問しました。

核兵器の被害を表す言葉としては足りないという見解もありますが、

G7として、核兵器被害の甚大さを訴えたうえで、核兵器軍縮をしていくという広島宣言が発表されました。

時を同じくして、

ウルグアイ元大統領、ホセ・ムヒカさんも、広島を訪れ、

「道徳観、倫理観のない化学がもたらす悲劇を知った。」

とコメントを残してます。



核の問題。

戦争の問題。

日本が出来ること。

日本がしなければいけないこと。



一方で、

核兵器の被害にあい、原発事故を起こしながら、戦争を出来るようにしたり(核保有の可能性もはっきり否定していません。)、原発推進、海外輸出を推進している現政府・・・・・。



いろいろ考えさせられます。








花屋のおっさん




 
| いろいろ考えてしまうようなこと | 18:43 | comments(0) | -
例外中の例外らしいです。
福島原発事件後に改正されてる、原子炉等規制法。

「ほとんどの原子炉は中性子の照射により40年で脆化する」という設計思想に基づいて設定された原子炉の寿命。

法律で、原発の運転期間は40年に制限したんです。



ただ、

例外として最大20年間の運転延長が認められる場合があるとのこと。



例外規定が設けられた当時、

「例外が認められるのは極めて厳しい。例外中の例外。」と当時の原発担当相は明言していたようですが・・・。



寿命が40年で、なんで20年も延長できるのか?

そもそも20年はどこから出てきた数字なのか?

例外ってどんな時なのか?



いろいろ疑問がわきますが、いとも簡単に例外が適用されました。



関西電力の高浜1号、2号機が、原子力規制委員会に審査書案を了承されましたんです。

原発再稼働の新規制基準、ゆるゆるです。



今後10年以内に寿命を迎える原発がたくさんありますが、まぁ、原則40年の運転規制はあってないようなものですね。

例外中の例外がどんどん適用されることでしょう・・・。






1950年代前半、世界初のジェット旅客機「コメット」の事故が相次いだそうです。

なんでこんなに事故が相次ぐのか?

そう、機械の寿命だったんです。

航空業界はその反省に立ち「安全寿命設計」という考え方を取り入れ、

長距離型ジャンボは総飛行6万時間、離着陸2万回で機械を安全に使える寿命として規制しているそうです。

人命にかかわる機械を取り扱う自覚。

人の命を守るための安全基準。





原発は、壊れちゃうとどうなるかもう身を持って体験したはずなんですけど・・・。

何のための安全基準?

40年で寿命がくる原発をなぜ無理して可動させる?

何を審査するための原子力規制委員会?

安全神話もう復活ですか?



命とカネを天秤にはかり、そろばんをはじいて再稼働の審査される原発。

ジャパニーズ安全基準、世界中の笑いものにされますよ。






自分らの命や国土汚染のリスクをしょっても、お金が欲しくて、寿命の来た原発を動かすその精神。

のど元過ぎればなんとやら、臭いモノにはふたをしろ根性。

ごまかし、隠ぺい、情報操作、圧力。

自制心なさ過ぎて、情けない。

なんなんだこいつら。

シャブ付けのジャンキーと変わらんだろ。






このままでいいとは思いませんね。







花屋のおっさん

 
| いろいろ考えてしまうようなこと | 13:46 | comments(0) | -
公益及び公の秩序に反しない限り認められる人権は、基本的人権が保証されていないのと同じ。
日本国憲法の三大原理。

*基本的人権の尊重

*国民主権

*戦争の放棄(平和主義)



私たち国民を、国家権力から守ってくれているのが憲法。

その憲法の三大原則をも壊そうとしている、現内閣。



戦争の放棄は憲法の解釈ですでに崩されました。

小選挙区制度は、少数意見はすべて殺されるような選挙制度と言え、主権である国民の意見がきちんと反映されていない。(一票の重みの差なども含め選挙制度いろいろ問題ありますよね。)

そして、

私たち人間が、人間らしい生活をするうえでもっとも大切な権利。

基本的人権の保障。

それさえも侵そうとしています。



「基本的人権は人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」

「侵すことのできない永久の権利」

と、

日本国憲法はうたっています。



日本国憲法が、国民を、人間を、国家権力から守ってくれているんです。






前にも書きましたが

自民党の憲法改正の草案の中に、

「公益及び公の秩序に反しない限り」

とか、

「常に公益及び公の秩序に反しないように」

という文章があります。



今までは、

「公共の福祉に反しない限り」

だったところが、

「公益及び公の秩序に反しない限り」

に替わってるんです。



なんだか似たような文章ですが、言ってることは全然違います。



今の憲法にある、

「公共の福祉に反しない限り」は、「国民同士がお互いの権利を尊重し譲り合えれば」ということ。

国民の基本的人権を認め保証しますが、他の人の迷惑になるような、あまりにわがままな権利の主張は通りませんよ。

ということが書いてあるのですが、



現内閣の憲法改正の草案にある、

「公益及び公の秩序に反しない限り」は、「国の利益を侵さず、国の言うことをきくなら」ということ。

国に言うことを聞くなら、基本的人権を保証してあげます。

と書いてあるんです。

裏を返せば、

国家の言うことをきかない国民には、基本的人権の保証はしませんよ。

と書いてあるんです。



これは、とてつもなく危険なことです。



まぁ、もう、秘密保護法という、国民の基本的人権を侵すような法律は出来ちゃってるんですけどね・・・。



今の内閣、かなりメチャクチャなことやったり、やろうとしてるんですよね。

国民の基本的人権を保障しない憲法を作ろうとするなんて・・・。

もう、問答無用で、ダメなこと。



野党が頼りなかろうが、頭がお花畑と言われようが、

こういう憲法改正をしようとしている政党を、国民(人間)が支持するいわれがない。



選挙に勝てばなんでもかんでもやっていいわけじゃない。



国民をバカにしすぎですね。





今年また、参議院選挙ありますしね・・・。

なんだか、また衆議院も解散あるかもとか言ってますしね・・・・・。



さて、

どうしましょうかね・・・・・。






花屋のおっさん
| いろいろ考えてしまうようなこと | 18:46 | comments(0) | -
事実を認めて、今後どうするかでしょ。
福島県民健康調査の報告がありました。



甲状腺がんになった子供の数や割合が出ましたね



委員会の責任者から出てきたコメントは、

「福島原発によりまき散らされた放射線量は、チェルノブイリより低いから、影響があるとは考えにくい。」

です。



なるほど、わからん。






放射線量が低いのに、この検査結果。

被曝の数値はチェルノブイリよりも低くても、子供がたくさん甲状腺がんになってるんでしょ?

「チェルノブイリよりは低線量でしたが、悪い結果です。被曝は数値的に小さくても子供に多大な悪影響を与えることが分かりました。」

これが普通の見解のはず。






新聞の記事には、

検討委の星北斗座長は会議後の記者会見で、数十倍の甲状腺がんの子どもが発見されたことについて、「一斉検診したことで数として多く見つかった」と述べた。

とあります。

今回の検査結果はデータとして意味をなさないという見解のようです。

では、福島だけではなく、全国調査すればよい。

原発を使うこと、被曝することが、どれだけリスクの高いことなのかを、もう一度しっかり認識するべきだ。



もう、ごまかしとか、隠ぺいとか、数値の操作とか、情報の遅延とか、ほんとやめましょうよ。






川内原発が新規制基準で、再稼働しました。

こんなに緩い基準で再稼働できるのかと、各地の原発は、当初計画していた安全設備の設置をどんどん省いています。

だって、お金をかけて安全装置を作らなくても、再稼働できる事実が出来ちゃいましたから。

次々と、安全じゃない原発が再稼働されることでしょう。



一体何のための規制基準なのか?






また、大きな地震が起こって、もう一度国土が放射能まみれになっても、国は反省せず原発を推進していくんだろうな。

テロや、戦争で、原発が破壊される可能性も増えてきてますしね・・・・・。

大丈夫だろうか?

大丈夫じゃないですよね。



とにかく、お子さんをお持ちの方々は、自分の子供は自分で守らないといけないことを、肝に銘じるべきです。

今のこの国の政府は、国民の事なんか、大切に思っていませんよ。

国が安全って言ってるからって、自分や、自分の子供が放射能に蝕まれたら、それでおしまい。

気を付けましょう。



福島原発の放射能漏れも、いまだにどうにも出来てない。

核は、人間が扱えるものじゃないんです。



いろいろもっと、考えた方がいい。



ため息。





花屋のおっさん

 
| いろいろ考えてしまうようなこと | 17:43 | comments(0) | -
もしも戦争になっても。
パリで悲惨なテロが起きました。

フランスは国を封鎖、緊急事態、オランド大統領は「フランスは戦争状態にある。」と宣言しました。



日本ではそれほど積極的に報道されなかったような気がします。

なんとなく、遠い国の出来事で、自分らには関係ないという空気。

フランスのテロよりも、明日発売するゲームの事が話題になります。



東北で大地震が起きて、原発から放射能がもれ、大地が汚され、人がそこに住めなくなりました。

原発事件の責任を誰がとるわけでもなく、放射能漏れを収めることが出来たわけでもないまま、政府は原発を推進します。

自分の国でおこった大惨事なのに、反省や総括もないまま・・・。

まるで、よその国の出来事のように・・・・・。



もしも、いま、日本が戦争に突入しても、

きっと、日本では半分他人事のような空気が流れるんだろうと思います。

それは、テレビやネットの向こう側の出来事。。。

友達や、家族の誰かが、戦地に行くことになったり、けがをしたり、死んだりしないと、戦争を実感しないのだろう。

自分の会社が爆弾で壊されたり、自分の家が火で焼かれたりしないと、戦争は怖いなと、思わないような気がします。



日本でテロが起きたら、どうなるのだろう。

テロリストをつぶすために、日本も戦争をするのだろうか?

きっと、集団的自衛権を行使して、アメリカと一緒に平和のための戦争をするんだろう。

戦争が起きて、それでも、なんだか他人事で、

憲法を守れと叫ぶ人たちを遠巻きに眺め、用事があるからと選挙に投票に行かず、

連ドラは見忘れないように録画を予約し、晩御飯は何にしようとスーパーに出かけるんだろう。

東北で困っている人たちの事は全然思い出さず、インターネットでゲームの攻略法を調べたり、マンガを買いに本屋に行くのだろう。



自分や、家族が戦争で命を取られる可能性があるのに、

そうならないように、考え、行動しなければならないのに・・・。



実際に、自分や家族が本当に困らない限り、戦争でさえも日常に埋もれてしまう。



そんな気がします。



なんとなく、そうなんじゃないかと思います。




jolly 信

 
| いろいろ考えてしまうようなこと | 19:54 | comments(0) | -
責任者不在のたらいまわしでウヤムヤの国日本。
オリンピックのエンブレム出来レースとデザイン自体の問題。

作ってしまったグッズとか、印刷物とか、その保障はどうなってんでしょうかね? まぁ税金が充てられてるんでしょう。



これまたオリンピックスタジアムの尋常じゃない建設費、白紙撤回。

一体誰が責任者なのか?たらいまわしのウヤムヤで一体どうなることやら・・・。



川内原発再稼働。

日本全土で火山が活発化しているというのに、桜島のすぐそばで・・・。

まぁそうそう大変な事態にはならないだろうという、新しい安全基準で再稼働。

もしも事故が起こったら?一体誰が責任を取るのだろう?

原発安全基準委員会の会長? 国?総理大臣? 電力会社の社長? 県知事? 

福島の事件が起こって4年半以上経っても放射能を垂れ流している現状で・・・。

日本の原発海外に売るのに、安全じゃないから日本では稼働させてませんじゃ通りませんしね・・・。

国土の汚染リスク、国民の安全をないがしろにしても、お金が大事。お金大好き。

大きな地震や、ミサイルが飛んでこないことを祈るしかないですね・・・。



マイナンバー。

銀行の口座と連動させるシステムで、むやみに他人にナンバーを教えないでくれって言ってるくせに、

買い物時にレジでマイナンバー提示しないと税金優遇処置しないとか、言ってること無茶苦茶。

そもそも、書類確認の簡易化で、手間や人件費を削減できるのが売りといいつつ、マイナンバーのセキュリティー管理費が膨大にかかるっていう・・・。

きっと役人の数も減らないでしょう。むしろマイナンバー管理課みたいの出来て人件費も余計にかかったりして。

国が管理してるコンピューターガンガンハッキングされてる現状でよくもまあ見切り発信しましたよね。

IT企業と、官僚が賄賂でうんぬん。 将来的には一兆円市場ですって。

莫大にかかるだろう、システム改修やランニングコスト、全部我々の税金でやるんですよ。

個人が被害にあっても、国が保証してくれるかどうか? あーこわい。



TPP。

日本の農業守れず、自動車産業でも攻めれず、医療産業で攻め込まれ。

他の参加国に比べて、日本とアメリカだけが決定権力に優遇があるこの団体。

なんかズルくさくって脱退する国たくさん出てくるんじゃないですかね?

で、日本も結局アメリカのいいなり。

経済も安保の一環とか言ってる時点でお察し。

今後は経済流通も実質アメリカの法律に縛られることになるわけです。

日本の健康保険制度とか崩壊するかもしれないとも言われていますよね。

法律の隅っこつつかれて、たくさんの企業が訴えられるんじゃないですかね。あーこわい。



集団的自衛権。

必要不必要は意見まとまらないとして、この度の法律を作るまでのプロセスはいかがなものか?

憲法違反の法律も作れてしまう、立憲国家日本。

自己矛盾で崩壊しなければいいのだけれど・・・。

出来た法律も政権のさじ加減でどうにでも出来るようなあってないような法律文章。

100歩譲って阿部政権が戦争を起こす気がなくっても、

のちに出来るかもしれない独裁者気取りの総理大臣が誕生してしまったとき、簡単に日本は戦争に突入することが可能です。

そんな法律作っちゃだめだろ。あーこわい。



アベノミクス。

一部の業界、一部の企業や、ホント一握りの人たちはアベノミクスの恩恵にあずかったみたいですね。

ほとんどの国民は自分の身を守るので精一杯です。

上がる税金や、社会保険料、将来への不安から、財布のひもも固くなるいっぽうです。

徴収された税金は、原発事件東電のしりぬぐいや、不必要と思われるマイナンバーの管理費や、頭の良い政治家さん達のお給料に使われるわけです。

小手先の経済操作じゃなくて、国民生活の安定、若者が将来を夢見れるような国づくりをしないと、人口も増えないし、生産力なんか上がるはずがない。

集団的自衛権可能な安保法出来たから、今度は経済最優先って・・・。

前に3本の矢が放たれてずいぶん経ちますが、前々景気よくならないっすよね?

まだ、アベノミクスとか、よく恥ずかしげもなく言えるなーって思います。



まぁ、つけを回されるのはいつも一般国民です。

いろいろ見張ってないとやばいです。

まじやばいって思った時にはもう遅くって、殺されかねませんが、気づいたときに止める手段もないですしね。

止められないなら、逃げるしかないわけですが・・・。

あとは殺されるんですかね。死なない程度に。



日本ってこんな国だったっけ?

少し前までは、世界に誇れるいい国だって思っていたけど・・・。



世界的に見れば、経済的には豊かでモノもあふれてるんだろうけどね・・・。

国としてのモラルとか治安とか安全とか志とか・・・。

人としての、優しさとか、気遣いとか、一歩引ける余裕というか・・・。

綺麗な景色とか、その土地に根差した四季折々の食べ物とか・・・。

偽装とか、隠ぺいとかが目立ち、信頼とか信用とかが崩れていく。

なんかうまく言えませんが・・・。

なんかいろいろ日本の良いところが崩れてきちゃって・・・。



人口が増えて経済が発展して、でも、時代と共に人口も減り、経済も細くなっていくのは仕方がないと思うんです。

人も老いれば、国も老いていくんです。

無理やり若作りしないで、大人の余裕で、健康的に、年相応に、知恵ある素敵な年寄りになるべきなんです。

人も、国もね。



なんだろうね・・・・・・・。

なんか、今の日本は美しくなくて好きじゃない。



だから、どうにかしないとね。
 
| いろいろ考えてしまうようなこと | 18:21 | comments(0) | -
防衛装備庁発足。
こんなの出来るの、いままで聞いたことなかったけど、国民の目の触れないところで、いろいろ動いてるんですね。



空陸海、自衛隊の武器はそれぞれで調達していたみたいですが、

このたび、自前の軍隊で、よその国のドンパチに参加出来るようになったので、弾とか武器とか今まで以上に必要になるわけです。

効率よく武器を調達するのがお仕事の、防衛装備庁発足です。



国防軍の兵器を充実させるために、国内で武器を作る企業はどんどん国から武器の発注あるんでしょうね。(戦争に向けて。防衛のための。)

三菱重工業とか、川崎重工業とか、その辺の企業の株買っといたほうがいいんじゃないっすかね?よくわかりませんが。

防衛装備庁を軸にして、国を挙げてバンバン外国にもメイドインジャパンの武器を売って、世界を平和にしようじゃありませんか。



昨日の、今日で、コレ。

ロコツすぎて、笑っちゃうっていうか、安保案反対してた人達を挑発しているというか、小バカにしてるというか・・・。



アメリカの腰巾着日本。

集団的自衛権発動で、よその国の戦争に日本の軍隊派遣して、

弾の補充でも、ヘリコプターの給油でもなんでも、米軍に協力して、

戦闘に巻き込まれたら反撃するために武器を使用して、

日本軍の兵隊に死傷者がでて、

テロをぶっ潰せって、本格的な戦争になっていくんでしょう。

勝手に首突っ込んどいて、

「やられたからやり返す。」

「こっちは、給油してただけなのに。」ってね。

中東荒れてますからね。

アメリカやら、中国やら絡んで第三次世界大戦とかならなければいいですけどね。(もう始まってるっていう人もいますけど。)



ISISのテロリストも普通に日本に潜伏してるみたいですし、原発標的にされたり、東京オリンピック標的にされたりするんでしょうね。

もう、東京マラソンとかも普通に恐いですよね。

テロリストからのヘイト値、結構上がっちゃってますもん。



政治家のお偉いさん達。

いろいろ日本の未来見据えてほしいです。

金、金、権力、見栄、権力、エロも少々、金、権力。

こんなもんなんじゃないっすかね。

国民のためとか、平和のためとか、笑っちゃいます。



なんか、東北の復興とか、近年の豪雨などの自然災害の対策とか、

少子化、高齢化問題やら、もっともっと、やることいっぱいあるんじゃないですかね・・・・・。




防衛装備庁発足!いぇーい! とか言ってる場合じゃないと思いますね・・・。




花屋のおっさん
| いろいろ考えてしまうようなこと | 17:21 | comments(0) | -
既成事実。
日本が武力行使するのは、日本国民を守るため。

戦争抑止力の強化のための集団的自衛権。



・・・。



さも、日本は自衛権を持ってないような言いぶりです。

ちゃんと防衛のために、膨大な国家予算組んで武装した自衛隊がいますよね。

日米安全保障条約は? 



日本は戦争はしない国です。

でも、

自衛権を放棄しているわけではありません。

隣国の脅威で、今の防衛費では日本を守れないというなら、それを国民に説明して、自衛隊を強化すればよい。

集団的自衛権云々とは話が別。

自衛隊は、日本を守るために存在するもの。

武力は持っていますが、あくまでも、専守防衛

戦争はしない国なんです。



集団的自衛権を行使できるようにしないと、日本が危ないと、国民をあおり、

世界平和のために戦争に加担するのは、国民を守るためとうそぶく現政府。



戦争加担のための安保法案。

法律の名前は、「平和安全法整備法」「国際平和支援法」。



胡散臭い。



日本国民のための、集団的自衛権なんかじゃありません。

アメリカ政府のため、

日本の兵器を作る企業のため、

戦争でおいしい想いを出来る、腹黒い人達のため。



アメリカは自国の防衛費を減らそうとしています。

その分、日本が自前で兵器も出して、命も出せよと。

アメリカの兵器も買ってくれ。

日本も兵器作って外国に売ればいいじゃん。

一緒に戦争しようぜ!

テロリストを殺して世界を平和にしようぜ!

と・・・。



遠く離れた国でアメリカと一緒に戦争して、遠く離れた国の人にアメリカと一緒に恨みも買う。

世界で人命救助に勤めていた、日本のチーム。

イラク戦争の時に、戦闘行為には参加しなかった自衛隊。

でも、日本も軍隊を乗り込ませるのか!と現地の人たちに嫌われたそうです。

以前なら、日本人というだけで好意をもって迎えてくれていた国々での活動も、今では日の丸を掲げると危険が伴うほど嫌われました。

そりゃそうです。

遠く離れた国のよそ者が、人がどんどん殺される戦争に、チャチャ入れに来るんですから。

救助活動、人命救助じゃなくて、軍隊を派遣してくるんですよ。



ちょっと、話がそれましたかね。



戦争を出来る国にしなければ、国民を守れない。

と、思うなら、

正々堂々、憲法改正したのちに、戦争法を作ればよいし、

そうしなければいけない。



憲法を無視した法律を当たり前のように作ってはいけない。

国民の意見を完全に無視するよ政治を続けてはいけない。

憲法の解釈を捻じ曲げて合憲とか、それほどは国民はバカじゃない。



国会で多数決で賛成を取れれば、なんでもアリの国が出来上がりつつあります。



非常に恐ろしいことです。

戦争も恐ろしいけど、

憲法を無視するなんでもありの国家体制を止められないことが、もっと恐ろしい。



でも、

自民党、阿部総理大臣が、こういうことをやりたがっていたのは、衆議院の選挙の時からわかっていたんですけどね。

アベノミクスで、やられちゃいましたよね。



こんどは、

国民の安全を守るため、世界平和のためで、やられちゃうんですかね。



まぁ、これで、憲法無視した法案も、普通に賛成可決しちゃった既成事実出来ちゃいましたね。

もう、

なんでもアリです。

まじで。



次の選挙まで、阿部政権やりたい放題のシナリオ通り。

まぁ、それを許したのは選挙で自民党を圧勝させた、我々なんですけどね・・・。

ちょっとやりすぎ?

お灸をすえるために次の選挙ではもうちょっと、自民党の議席減らしときましょうか?

あ、でも、

もしかしたら、

選挙も公開しないで結果は秘密にしてよい法律とか、普通に出来ちゃうかもしれないですね。

カタチだけの選挙行って、また自民党圧勝で、阿部政権死ぬまでやりたい放題とか、可能ですもんね。

あ、

秘密保護法の法の解釈いかんでは、もう、それ、できますよね。 






憲法は、国民を守ってくれてるのにね。

立憲国家なのにね。





あーこわい。






花屋のおっさん
| いろいろ考えてしまうようなこと | 19:32 | comments(0) | -
どちらにしても不誠実な。
2020東京オリンピックのエンブレム。

製作者の佐野研二郎さんに、盗作疑惑が浮上しております。

ベルギーのグラフィックデザイナー、ドビさんが作った、THEATRE DE LIEGE 劇場のエンブレムにそっくりです。

頭文字のTとLから出来てるこのデザイン。

ドビさんが作ったエンブレムが、どうしてこのデザインになったのかよくわかります。

それについての佐野研二郎さんの会見がこちら。





15分40秒あたり。アルファベットや数字をすべてデザインしているうちの T がたまたま似てしまったということですか?



確かに、AからZまで、オリンピックのエンブレムを構成しているパーツを使って、作ってありますが、

T意外の文字は、文字からはみ出ないようにパーツを構成されているのに、なんで T だけは、右下によぶんなパーツをくっつけちゃったのか?

このアルファベットの流れなら、右下のパーツを付ける意味が分からない。

TとLをくっつけたのなら意味わかりますけど。

(いいわけするために後付で全アルファベットやっつけ仕事で制作した感じが見え見えです。日の丸どうこうの説明も、このアルファベットのくだりとはつじつまが合わない。)



で、

IOCも、「ドビさんの作品のベルギーの劇場のロゴマークは商標登録されていないから、(パクリだとしても)使用に問題ない。」

としています。



倫理的にアレでも、法律的にOKだからよし。



デザインする人間もアレですが、IOCもかなりアレです・・・・・。



・・・・・。



世界が注目する、こんなに大きな仕事任されて、デザイナーとしてのプライドはないのだろうか?

パクリじゃないとしても、そっくりなものが出てきちゃったら、自分だったら絶対やだ。

奇跡的に同じような作品があったので、作り直させてください。って言いたくなるのが本当な気がします。





佐野研二郎さんのデザイン事務所の過去の作品。

パクリ作品次々でてきちゃってますね。

あれは、部下が勝手にやったもので、俺じゃない。

社長の体質っていうのは、そのまま組織に現れるものなんですけどね。

部下のやった良い仕事は俺のてがらで、悪い仕事は部下のせい。

そんな感じですかね・・・。

「過去の作品は、けっこうズルしてますが、オリンピックのだけは絶対違うんだからね。」

っていう人間に、こんなに大きな仕事任せてもいいのかね?

スタジアムと同じように、白紙撤回した方がよかんべ?



スタジアムとか、エンブレムとか、放射能はアンダーコントロールとか、かなりケチついてますね。

2020東京オリンピック。

けっこう恥ずかしい国って感じを世界に発信しちゃってますが、大丈夫だろうか?





花屋のおっさん
| いろいろ考えてしまうようなこと | 09:45 | comments(0) | -
| 1/11PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE