Jolly's blog

横浜市金沢区・花の店ジョリー
人生を変えるような本に出会えたら幸せなこと。

「散歩をすると良いアイデアが浮かぶんです。」

 

って言うのを良く聞きます。

 

 

 

何も考えていないから、天からアイデアが降ってくるような言いぶり。

 

 

 

でも、

 

アイデアは、散歩をしたり、風呂に入ってボヤーっとすると、急に降ってくるわけではなく、 散歩や風呂の時でさえ、いつもその事を意識しているから、良い考えが浮かぶんだ。

 

っていう人もいます。

 

 

 

どちらかといえばこっち。

 

そう思います。

 

 

 

 

 

「知識より発想が大切」 ってのは、

 

「知識だけではダメ」 っていうことで、

 

「知識はいらない」 ってことじゃないですよね。

 

 

 

何も知らなければ、それを考えることさえ出来ない。

 

 

 

ふっと浮かんだ凄いアイデアだって、もうとっくの昔に誰かが発見してる常識かもしれない。

 

 

 

物事について知識を得るっていう事はとても大切。

 

 

 

知ることが始まり。

 

 

 

だから、

 

本を読んで物事を知るってことは大切。

 

その道に秀でた人が、「これはみんなに教えたい!」ってことを本にまとめるわけですから、知って損なし。

 

 

 

世界が広がります。

 

 

 

子供のころに、「本を読みなさい」って大人によく言われたけど、全然読みませんでした。

 

もっと読めばよかったなー。

 

大人になって、そう思う。

 

子供にはたくさん本を読んでもらいたい。

 

本は読まないと、人生損をする。

 

 

 

知って、考える。

 

 

 

 

 

jolly 信

| なんかこれ凄くネ? | 12:11 | comments(0) | -
スーパーブルーブラッドムーン。

昨日は、皆既月食がありました。

 

 

 

地球に接近した月をスーパームーン。

 

満月のことをブルームーン。

 

皆既月食で赤く見える月のことをブラッドムーン。

 

って呼ぶらしいです。

 

 

 

だから、

 

それら3つの現象が重なった月は、

 

スーパーブルーブラッドムーン

 

なんですって♪

 

 

 

実に35年ぶりの現象だそうです。

 

 

 

我が家でも家族4人で外に出て月を見上げましたよ♪

 

 

 

素敵な天体ショーでした。

 

 

 

 

 

ところで、

 

なんで月は赤く見えるんだろう?

 

って思いませんでしたか?

 

 

 

不思議。

 

神秘的。

 

ドラゴンが召喚される前触れか!?

 

っと話がそれました。

 

 

 

 

 

あの月の赤い色は・・・、

 

 

 

朝焼けと夕焼けの色なんですって。

 

 

 

地球全部の夕焼けと、地球全部の朝焼けが、月に映った色

 

 

 

 

 

素敵。

 

 

 

 

 

現実だけど、SFチック通り越して、ファンタジック♪

 

 

 

 

 

月から地球を見てみたい。

 

 

 

 

 

 

 

jolly 信

| なんかこれ凄くネ? | 16:37 | comments(0) | -
多様性を持ちながら団結する。

リオデジャネイロオリンピック終わりましたね。

 

今回のオリンピックは、日本の選手がすごく頑張って、メダルラッシュに沸きましたね。

 

 

 

水泳400メートルメドレーの二人表彰台に始まり、体操団体、個人、柔道男子全階級メダル、女子レスリング金ラッシュ、シンクロの復活などなど。

 

中でも印象的なのが、卓球、バトミントン、陸上400メートルリレーでした。

 

 

 

卓球男子、水谷選手もすごかったですが、愛ちゃんもすごかった。

 

女子団体は、かすみちゃん、みまちゃん、愛ちゃんの頑張りに手に汗握り、一緒に喜びました。

 

泣き虫愛ちゃん、最後はうれし涙でよかった♪

 

 

 

バトミントン女子ペア。

 

高橋、松友両選手の決勝戦はハラハラドキドキの大逆転勝利でしたね。

 

熱かった!!

 

 

 

そして、陸上短距離、100×4メートルリレー。

 

山縣、飯塚、桐生、ケンブリッジ選手の激走。

 

4人とも100メートル10秒切れない選手なのに、力を合わせて出したタイムは、37秒60。

 

いかにトップスピードでバトンをロスなく渡せるか。

 

技が力を超えた瞬間を見させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン保有国ブラジルからの自然を大切にしようというメッセージ。

 

移民などで、人種や民族が入り乱れるブラジルからの世界平和というメッセージ。

 

自分が見てきた今までのオリンピックの中でも特に印象に残る、心に響く開会式と閉会式でした。

 

 

 

サンバの国、情熱的な、音楽と、リズムと、ダンス。

 

どこもかしこも様々な鮮やかな色で飾られ、それがなぜかうるさくなく。

 

心の底から湧き出てくるリズムやダンスだからこそ、何かが伝わってくる。

 

ソウルフルだからこそ、原色が似合う。

 

 

 

「多様性を持ちながら団結する。」

 

という、ブラジル、リオから世界に向けてのメッセージ。

 

サンバのリズムと共にしっかり心に刻まれました。

 

 

 

開閉会式、日本人の大活躍含め、今までの人生の中でも最も印象的なオリンピックでした。

 

 

 

リオに行ってみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020東京オリンピック。

 

リオを見習って、魂のこもったオリンピックにしてもらいたい。(したい。)

 

日本人だから知っている、日本人だからこそ発信できることがあるはず。

 

 

 

体裁良く、上っ面だけ着飾ったようなキレイな何かはいらない。

 

お金をかけなくても、良いものは良い。

 

 

 

政治的要素を排除し、世界平和の象徴であるオリンピック。

 

総理大臣が扮したマリオのコスプレはノーサンキューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

jolly 信

 

| なんかこれ凄くネ? | 16:44 | comments(0) | -
恐竜がむかわでちゃんちゃん焼き。




先週6月2日お休みを頂いた日は、上野の国立科学博物館に行ってきました♪



二大肉食恐竜、夢の競演! ですよ!!♪






こちらティラノサウルス!







すごい迫力!!










こちら、スピノサウルス!!



知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、



スピノサウルスはすごいんですよ!



T-REXことティラノサウルスとどっちが強いか?ってなくらいです。



しかも、この化石、日本で発掘されたんですって。(たしか)(違うかもしれません)



んで、










北海道のおばあちゃんち。

お母さんの故郷の

むかわ町でーーーーっ!!!?

恐竜発掘してるなんて!!!



全然しらなかった。






つい先日、北海道むかわのおじさんが遊びに来てくれてちゃんちゃん焼きをごちそうしてくれたばかり・・・。







鮭。

トキシラズっていう高級なやつらしいです♪

うまかったです。







毛ガニ。



うちのチビーズ、もしかしたら毛ガニ食べたの初めてなんじゃないだろうか??



おじさん、ごちそうさまでした。



恐竜掘りにいきたい。






jolly 信

 
| なんかこれ凄くネ? | 18:25 | comments(0) | -
磁石と鉄の玉。
久々にびっくりしました。



考えるカラス、第19回。



10分で見れるので全部見ても良し。

磁石と鉄球は、scene05から見れるのでそこから見ても良し。






40年以上生きてるのに、知らないことが、まだまだたくさんあります。



どういう理論で、こんなことが起こるんだろう?



全く見当がつきませんでしたが、説明されれば、納得です。。。






なにやら、

ガウス加速器っていう仕組みらしいです。













力学的エネルギー保存の法則とか、そういうことですよね?






こんな実験学校でやったら、もっと物理が好きになってたに違いない・・・。



おもしろいなー。







jolly 信

 
| なんかこれ凄くネ? | 18:30 | comments(0) | -
観察し、仮説を立て、実験し、考察する。
Eテレ。

考えるカラス。

全部見ているわけではないのですが、非常に面白いです。



先日、私が見た風船の回。(scene03など)



ね?びっくりしませんでしたか?

軽い風船は、あーなるんですねー。

で、重い風船は、こーなると。。。



慣性の法則がそれぞれのものにどのように関わるのか。。。

気にも止めなかったような現象も科学な目で見ると、とっても気になるし、とっても楽しい。






先日もチビーズの理科を一緒に見ていると、月の満ち欠けと、三日月や満月の時間帯によっての空での位置の違いなど、(自分の小学校の時もやったはずなんですけど。)勉強してるんですよね。







三日月は夕方にはどちらの方向の空に見えるか知ってますか?

満月は何時ごろから東の空から出てくるか知ってますか?



そんなの気にもとめませんでしたが、覚えるとちょっと空を眺めるのが楽しくなります。



科学の目で物事を見たり、科学の知識があることは結構楽しいことだと、あらためて思った次第。



星座の名前が分かったり、道端に生えている草花の名前が分かったりするだけで。。。



大げさに言うと、

ちょっとだけ人生が楽しくなるような気がします。



そして、

42歳にして、小学校の勉強を子供と一緒に出来るのも、幸せなことだなーと思えます。。。





ちなみに、

張りつけた月の画像は、三日月じゃありませんよ。

分かりましたか?

へへへ、ちょっと意地悪してみました♪





jolly 信

 
| なんかこれ凄くネ? | 14:19 | comments(0) | -
バック・トゥ・ザ・フューチャーとフィールド・オブ・ドリームス。
主人公のマーティーが1985年にデロリアンで未来に出発して辿り着いたのが2015年ですって。

あの、映画の中で、車が空を飛んでいた未来は、もう、今なんですねー。

現実世界では、まだタイヤはいてますねー。

スケボーはそろそろ宙に浮きそうですけどね。。。



今年引退した中日の山本昌選手、50歳でプロ野球のピッチャーを現役で投げたんですから凄いことです。

この山本昌選手の凄さをバック・トゥ・ザ・フューチャー2で表現したのが話題になってました。

マーティが出発した1985年には中日に入団していた山本昌選手が到着した2015年でも現役のプロ野球選手だっていうんだから、マーティーもびっくりなわけです。



私も一般男子並みに(毎年選手名鑑買っちゃうくらい)野球は見てましたが、ここ10年はさっぱり見なくなりました。

もはや選手が分かりません。

生で最後に見たのは横浜スタジアム、横浜VS広島。

来年阪神の監督を引き受けることに決まった鉄人金本選手が広島のレフトを守っていましたから、そうとう昔です。

でも、

今年はずいぶん知った選手が引退するっていうので、近年にしてはかなりプロ野球を気にしていました。

もと日ハムの小笠原選手、西武中日と長い間活躍した和田選手、中日選手兼監督の谷繁選手、西武の西口選手、他にもなじみだった選手たちがずいぶん引退するみたいです。



夏までは大混戦だったセリーグも非常におもしろかったですね。

パリーグとの交流戦のせいで、首位なのに借金だったりもしまして、かなり印象的なシーズンでした。

前半頑張っていたDeNA、筒香選手とか印象的です。

ヤクルトの山田選手は2002年の松井稼頭央選手以来のトリプルスリー。 100打点+トリプルスリーは65年ぶりの快挙だそうです。

また、ソフトバンクの柳田選手もトリプルスリーを達成。 こちらは首位打者も取っており、こちらは史上初だそうです。

さらに、西武の秋山選手がマートン選手の日本記録を破り216安打の日本最高記録。日本人記録イチロー選手の210安打も更新です。

こんなシーズンまずないですよね。

若い選手たちが記録ラッシュ。すごい!!



工藤監督率いるソフトバンクと真中監督率いるヤクルトスワローズの日本シリーズが楽しみです。

山田選手と柳田選手のトリプル3対決ですね。

ツバメとタカと。

工藤監督は好きだけど、ソフトバンクはお金持ちだから、ヤクルト頑張れって、ちょっと思うかな。。。

ジョアを飲んで応援です。

本当に久しぶりにワクワクします。。。







jolly 信

 
| なんかこれ凄くネ? | 18:53 | comments(0) | -
失敗は成功のもと。
この度、ノーベル賞を取った、大村智さんが会見で言った言葉



いろいろやりたいことはあると思うが、失敗してもいいからやっていこうという気持ち。

成功した人はあまり失敗のことをいわないけれど、3倍も失敗している。

人よりも何倍もへましていると思うが、そういう中から成功が出てくる。

とにかく失敗を繰り返してやりたいことをやりなさいと言いたい。




そう思う。

失敗してもいいから、挑戦しなさい。

大人からの言葉が後押しとなる。



日本の教育(とくに自分の学生時代の)って、出来るだけ失敗しないように、脱線しないようにすることを良しとした感じがすます。

学校で良い通信簿をもらうため、有名大学、大企業に入るための勉強。

何のための「学び」なのか? 意味も分からず、偏差値ばかりに追いやられる。

人と違うといじめられる。

出る杭は打たれる。

いい子になってね。

いい子ってなんだ?

人と同じようなファッションに身を包み、恋愛マニュアルを読み、空気を読んで過ごす毎日。

大きくなったら何になりたい?

自分はこういう大人になろう。

こういう仕事をして食っていこう。

そういうことを考えることがダサイみたいな。

人生にリアルなビジョンがなく、夢もなく、やりたいこともなく、やれることも分からず、敷かれたレールの上を進んでいけば間違いないと満員電車に乗り込む。

失敗してもいいんだよ。

転んだら起き上がってまた歩けばいい。

そういう風に言ってくれる大人はなかなか周りにいませんでした。

Nice try の精神が多くの日本人に育たない。(Nic try !! 妹たちにおしえてもらった英語。とってもいい言葉で大好きだ。)





失敗するな と言うと 挑戦しなくなり 失敗しないことが目標になってしまう

失敗するくらいの チャレンジをしないと勝てない



成功は99%の失敗に支えられた1パーセントである




本田宗一郎さんの言葉。



急に本田宗一郎さん出しちゃいましたけど、急に思い出しちゃったので。。。



そういえば、

人のまねをしない。

ということも、お二人が共通しておっしゃってますね。



きっとこれも大切な言葉。。。



 
| なんかこれ凄くネ? | 16:14 | comments(0) | -
えんやーこーらや どっこいやんらーこーらや♪
音楽は人間だけが持つ文化なのだろうか?



別に専門家でも何でもないのでよく知りませんが、

鳥のさえずりや、カエルの合唱、セミの鳴き声、秋の夕方虫の声、音程もしっかりしているし、リズムもちゃんとある。

さえずりの下手な若いウグイスも、リズムと音程を勉強してだんだん上手になりますし、

人間以外の動物だって、ちゃんと音楽を認識してるとは思います。



ただ、

音楽やリズムに合わせてダンスできるのは、人間だけと言われていたようです。

でも、近年、

チンパンジーも自分の好きなリズムが流れると、ちゃんとそれに合わせてリズムを刻めることが分かりました。

チンパンジーにも好きなリズムがあるんです。






ロックンロール16ビートの速いのが好き。

とか、

優雅にゆったりとしたメヌエットのような3拍子が好き。

とか、

人それぞれ好きなリズムや拍子っていうのはあると思うんですけど、

きっと、

もっと奥深く、

それぞれの民族が、思わず踊ってしまうようなリズムがあるんです。

























それぞれの民族のDNAに刻まれたリズム。






拍子の表も裏も自由自在、南米や、アフリカの速いリズムを刻める、パーカッションプレイヤーも、

日本の漁師さんが唄う「えんやーとっとーえんやーとっとー」のような、手もみが入る拍子やリズムを打つのは大変らしいです。

たいこたたきの妹が言っておりました。



労働しながら唄った、古来から引き継がれてきた唄。

生きるために、汗をかきながら刻んだ拍子。

網を引き揚げるときの唄。

クワを振り上げながら、木を伐りながら、酒をかき混ぜながらの唄。

それが、

日本人のDNAに刻まれたリズムなんです。








おっさんになると、

若いころは絶対聞かなかった演歌とか、ムード歌謡とか、いーなーって思いますもんね。

きっとDNAに刻まれた・・・・・。









jolly 信

 
| なんかこれ凄くネ? | 15:57 | comments(0) | -
2割の法則。
大体2割の人間が世の中を回している。

というのを、前に何かの本で読んだことがあります。



2割の人が頑張れば、8割の人は適当にしていても世の中回るっていう。。。



っていうか、

人間が集団になった時に自然と頑張らないといけない人が2割くらい出来てきちゃうっていう・・・。





例えばかみさんの小学生だか中学生の時の話。

理科の実験の班分けで、頼れるしっかり者が自分の班の中にいると、自分はろくに先生の話も聞かずに、その子に実験をまかせっきりだったそうです。

が、

班のメンツがろくでもないやつらばかりだと、自分がしっかりせざるを得なくなり、きちんと先生の言うことを聞き、ノートに取るようになったと。。。



わかるわかる。



私も大学生の時、化学の授業の単位を落としてしまい、翌年も同じ授業を受けなければいけなくなったのですが、もう周りには頼れるしっかり者の仲間がいないわけです。 周りの連中は一緒に単位を落としたアホばっか。

しょうがないので、自分なりに、そうとう真面目に授業を受け、ノートもきちんと取りました。

その年の試験前にアホ仲間うちで回されたのは、過去問と私のノートでした。(単位落としたアホのノートですよ。)



しょうがなしの立場が人を頑張らせる。




(それっぽいアリとかの記事。 記事。 記事。)



仕事でも、この人が引退したら仕事回らないだろうと思うような重要人物が抜けても、ちゃんとそれを補う人が出てきます。

ちゃんと仕事は回るんですよねー。



スポーツでもそう。 

チームの要のサッカー選手が引退すると、次世代の選手がちゃんと台頭してきます。





思えば、高校生も、そこそこ学力のふるいに掛けられて同じくらいの連中が集まっているのに、ちゃんとその集団の中で成績優秀な人達と、アホな連中が生まれてくるわけです。(私は完全に後者でした。)

学力偏差値の高い高校や大学の学生がみんな頭が良いわけでもなく、悪い学校の生徒がみんな頭が悪いわけではないんですよね。



その中でまた、出来るやつ出来ないヤツがちゃんと出てくる不思議。。。



状況が変わると、同じ人間でも立ち位置が変わって、成長したり、そうじゃなくなったりするのが面白い。

やはり、

立場が人を作るっていうのは、あながち間違いじゃないんですよね。







最初にも書きましたが、2割の人が引っ張っていくと世界はちゃんと回っていく。

賛成する人も反対する人も、声を出すような人は世の中の大体2割くらいの人。

何事にしても、賛成でも反対でもどちらでもない人、または無関心の人が、6割いるのが普通なんですって。


これまた、おもしろいですよね。



例えば、仕事で何かを企画したとします。

初期の段階で大体2割の人は賛成してくれても、2割の人は反対してくるそうです。

残り6割はどちらでもないか、無関心。


このままでは企画が通らないかもしれません。

この6割の人たちのうちの一部の人を賛成派に口説き落とし、賛成派が全体の3割くらいになってくると、不思議なものであとは勝手に無関心だった人達が賛成派に傾き、企画が通るようになるらしいです。

ある程度差がついてくると、天秤みたいにどちらかに傾く。



そういわれてみれば、政治も選挙も、一緒ですよね。

どんな意見にも、賛成の人もいれば、反対の人もいるわけで・・・。

ある程度派閥の差がついてくると世論が傾いてくる。



綱引きみたいなもんですね。



どうでもいいことには綱引きに参加しない無関心な人でも、

大切なことが決められるとき。

どうもこのままじゃどうもヤバそうだ。

というときは、

綱引きに参加せざるを得なくなって、あっちだかこっちだかにちゃんと綱引っ張るんでしょうかね?



どうでもいいこともずいぶんありますが、どうでもよくないことも世の中けっこう増えました。

綱引きしんどくても、しょうがなしでも引っ張らないとね・・・・・。



くだらないことや、おもしろいこと、どうでもいいことばっかり、ブログに書きたい。

書きたくないことを書かなくても良いときが早く来ないかなーと思います。。。





jolly 信
| なんかこれ凄くネ? | 14:58 | comments(0) | -
| 1/7PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE