Jolly's blog

横浜市金沢区・花の店ジョリー
ペンギン・ハイウェイ

「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦

 

突然、街にペンギンが現れる。

このペンギンはどこから来たのだろう?

観察する、仮説を立てる、検証する。

アオヤマ君の思ったことを何でも書き留めていくノートが面白い。

考えるカラスよろしく科学の子。

遠くから子供を見守るアオヤマ君のお父さんみたいに子供に接することが出来たら素敵。

夏休み、仲間との冒険。

SF作品と言われることもあるみたいだが、ちょっと切ないファンタジー。。。

 

 

 

| こんな本を読みました | 14:29 | comments(0) | -
蜜蜂と遠雷

「蜜蜂と遠雷」恩田陸

 

ピアノコンクールが舞台、4人の音楽家を軸に展開する物語。

音楽に携わらない一般人には縁遠いコンクールの世界。

コンクールに出る人、それを審査する人、それを見に来る人、調律師、オーケストラなど裏からコンクールを支える人。

世界中の天才たちが集って競い合うピアノコンクールをいろんな視点から細かく描写しているだけでも面白い。

 

伝説のピアニスト、故ホフマン先生が送り込んできた一人の少年は音楽家を試すギフトか災厄か・・・。

世界に溢れている音楽。

音楽とは何か?

 

聞こえるはずのない音楽が文章から聞こえ、コンサートホールに花が浮かび、草がそよぎ、雷雲が轟き、森林に霧が立ち込め、宇宙を見る。

覚醒共鳴しあう天才音楽家たちに、読者も震撼、共鳴させられる。

ここまで音楽を文章で表現できるのか。

 

 

 

| こんな本を読みました | 13:53 | comments(0) | -
白光

「白光」連城三紀彦

 

連城三紀彦的ミステリー。

一見よくあるような家庭環境。

交錯する思惑。

登場人物ごと自己中心的に語られる事件の状況。

これでもかと歪む真実。

 

 

 

| こんな本を読みました | 19:27 | comments(0) | -
楽園

「楽園」鈴木光司

 

壮大なるめぐり逢いストーリー。

引き裂かれた二人。

会いたい気持ちは・・・。

大好きな作品。

 

 

 

| こんな本を読みました | 17:14 | comments(0) | -
明日の記憶

「明日の記憶」荻原浩

 

若年性アルツハイマー病の話。

病気が進むにつれ、変化していく主人公の心情。

物語の締めくくりが素晴らしすぎる。

 

 

 

| こんな本を読みました | 13:32 | comments(0) | -
羊と鋼の森

「羊と鋼の森」宮下奈都

 

ピアノの調律師の物語。

それぞれ流儀の違う先輩の仕事を見て聴いて質問して教わって。

この仕事が自分に向いているか、自分に才能はあるのか・・・。

悩んで迷ってまた歩いて。

 

 

 

| こんな本を読みました | 11:51 | comments(0) | -
凍りのくじら

「凍りのくじら」辻村深月

 

初めての辻村深月。

ドラえもんの映画「のび太の月面探査記」の脚本を書き下ろした作家として興味を持ち読んでみた。

「凍りのくじら」もドラえもんが好きな女の子が主人公。

スコシ、フシギな物語。

 

 

 

| こんな本を読みました | 14:10 | comments(0) | -
重力ピエロ

「重力ピエロ」伊坂幸太郎

 

初めての伊坂幸太郎。

連続放火魔事件ミステリー。

父も母も兄も弟もみんな素敵だ。

最強家族の物語。

 

 

 

| こんな本を読みました | 18:13 | comments(0) | -
| 1/1PAGES |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE