Jolly's blog

横浜市金沢区・花の店ジョリー
2020年に観た映画。

ドッジボール !NEW!

リトル・ダンサー !NEW!

めぐり逢わせのお弁当

最高の人生の見つけ方

オー・ブラザー!

世界の果てまでヒャッハー!

めぐりあう時間たち

今日も嫌がらせ弁当

スパイダーマン3

ムーラン・ルージュ

真夜中のカーボーイ

Ray/レイ

シングルマン

しあわせの隠れ場所

自転車泥棒

グーニーズ(見直し)

完全なるチェックメイト

スパイダーマン2(見直し)

スパイダーマン(1(見直し)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(3

イージー・ライダー

恋愛小説家

13TH

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2

マルコムX 

カッコーの巣の上で 

グローリー明日への行進 

アナと雪の女王2(見直し)

隣のリッチマン 

トイ・ストーリー3(見直し)

ボビーフィッシャーを探して

スケアクロウ

この世界の片隅に

天使にラブ・ソングを…(見直し)

パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち(1

ブランカとギター弾き

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ / モーゼに会う

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

裏切りのサーカス

50回目のファースト・キス

レザボア・ドッグス

スパイダーマン:スパイダーバース

さらば青春の光

ベイビー・ドライバー

グリース

モアナと伝説の海

トイ・ストーリー2(見直し)

クレイマー、クレイマー

トイ・ストーリー (見直し)

スターウォーズep3(見直し)

サタデー・ナイト・フィーバー

ちはやふる下の句(見直し)

ちはやふる上の句(見直し)

のび太の月面探査記

麗しのサブリナ

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル

ローマの休日

L.A. ギャング ストーリー

お熱いのがお好き

わたしは、ダニエル・ブレイク

ハスラー2(見直し)

アパートの鍵貸します

ハスラー

バッファロー'66

007は二度死ぬ

それでも恋するバルセロナ

赤ちゃん泥棒

バジュランギおじさんと、小さな迷子

Shall we ダンス?(見直し)

デイ・アフター・トゥモロー

ちはやふる 下の句

 

| こんな映画を見ました | 16:09 | comments(0) | -
今までに観た映画まとめ。

赤ちゃん泥棒

AKIRA

アナと雪の女王

アナと雪の女王2

アパートの鍵貸します

ア・フュー・グッドメン

アマデウス

アメリ

アメリカン・ビューティー

アラジン

アルマゲドン

イージー・ライダー

E.T.

IT-イット-

インデペンデンス・デイ

(インディ・ジョーンズ)レイダース/失われたアーク(1

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(2

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(3

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(4

ウルフ・オブ・ウォールストリート

麗しのサブリナ

映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!

エイリアン

エイリアン2

エイリアン3

エイリアン4

A.I.

L.A. ギャング ストーリー

エルフ サンタの国からやってきた

お熱いのがお好き

おおかみこどもの雨と雪

オー・ブラザー!

オーメン

おしゃれ泥棒

男はつらいよ:1 

オネアミスの翼

俺たちは天使じゃない

カールじいさんの空飛ぶ家

怪物くん怪物ランドへの招待

カッコーの巣の上で

帰ってきたヒトラー

隠し砦の三悪人

崖の上のポニョ

カサブランカ

風立ちぬ

風の谷のナウシカ

紙の月

カメラを止めるな!

借りぐらしのアリエッティ

完全なるチェックメイト

奇人たちの晩餐会

キック・アス

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星

君の名は。

キューブ

今日も嫌がらせ弁当

キル・ビル Vol.1

キル・ビル Vol.2

キング・オブ・コメディ

キング・コング(2005

キングコング: 髑髏島の巨神

クイックシルバー

グーニーズ

グラン・ブルー

グリース

クリード チャンプを継ぐ男

クリード 炎の宿敵

グリーンマイル

紅の豚

グレムリン

グレイテスト・ショーマン

グローリー/明日への行進

ケープ・フィアー

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編(始まりの物語)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編(永遠の物語)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ新編(叛逆の物語)

激突!

氷の微笑

ゴースト/ニューヨークの幻

ゴーストバスターズ

ゴールデン・チャイルド

コクリコ坂から

50回目のファースト・キス

ゴッドファーザー

ゴッドファーザー part

ゴッドファーザー part

この世界の片隅に

この森で、天使はバスを降りた

コン・エアー

13TH

最高の人生の見つけ方

サイダーハウス・ルール

サウンド・オブ・ミュージック

サタデー・ナイト・フィーバー

サマーウォーズ

さらば青春の光

ザ・ロック

サンタクロース

しあわせの隠れ場所

シカゴ

シザーハンズ

七人のおたく

自転車泥棒

シックス・センス

シャーロックホームズ(ピラミッドの謎)

シャイニング

Shall we ダンス?

十二人の怒れる男

12人の優しい日本人

ジュマンジ

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル

ジュラシック・パーク

(ジュラシックパーク)ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク2

ジュラシック・パークIII

ジュラシックワールド

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ショーシャンクの空に

ジョーカー

ジョーズ

小説家を見つけたら

白雪姫

シングルマン

シン・ゴジラ

シンデレラ

シンデレラ(実写)

シンドラーのリスト

(酔拳)ドランク・モンキー・酔拳

酔拳2

推定無罪

スウィングガールズ

スーサイド・スクワッド

ズートピア

スークール・オブ・ロック

スケアクロウ

スター・ウォーズep1

スター・ウォーズep2

スター・ウォーズep3

スター・ウォーズep4

スター・ウォーズep5

スター・ウォーズep6

スター・ウォーズep7

スター・ウォーズep8

スタンド・バイ・ミー

スティング

スパイダーマン

スパイダーマン2

スパイダーマン3

スパイダーマン:ホームカミング(1

スパイダーマン:スパイダーバース(アニメ

スパルタンX

スピード

スリー・ビルボード

世界の果てまでヒャッハー!

セッション

セブン

セブン・イヤーズ・イン・チベット

セブン・サイコパス

007は二度死ぬ(5

007 ゴールデンアイ(17

007 ダイ・アナザー・デイ(20

セント・オブ・ウーマン/夢の香り

千と千尋の神隠し

そして父になる

それでも恋するバルセロナ

(ダークナイト)バットマン ビギンズ(1

ダークナイト(2

ダークナイト ライジング(3

ターミネーター

ターミネーター2

タイタニック

ダイ・ハード

ダイ・ハード2

ダイ・ハード3

太陽の帝国

タクシードライバー

タッカー

タンポポ

ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンス・ウィズ・ウルブズ

ダンボ

小さな目撃者(1970)

ちはやふる 上の句

ちはやふる 下の句

チャーリーとチョコレート工場

ツインズ

ティファニーで朝食を

デイ・アフター・トゥモロー

ディパーテッド

デッドプール

デモンズ

デリカテッセン

天空の城ラピュタ

天国から来たチャンピオン

天使にラブ・ソングを…

トイ・ストーリー

トイ・ストーリー2

トイ・ストーリー3

トゥームレイダー

トゥルーマン・ショー

トータル・リコール

塔の上のラプンツェル

トゥルーライズ

時をかける少女

時をかける少女(アニメ)

時計じかけのオレンジ

となりのトトロ

隣のリッチマン

ドライビング Miss デイジー

ドリーム

南極物語

2001年宇宙の旅

ニュー・シネマ・パラダイス

忍者ハットリくん+パーマン超能力ウォーズ

猫の恩返し

眠れる森の美女

ノーカントリー

のび太の恐竜(1

のび太の宇宙開拓史(2

のび太の大魔境(3

のびたの海底鬼岩城(4

のび太の魔界大冒険(5

のび太と鉄人兵団(7

のび太と竜の騎士(8

のび太の日本誕生(10

のび太と翼の勇者たち(22

のび太の新魔界大冒険(27

(のび太)新・のび太の大魔境(34

(のび太)新・のび太の日本誕生(36

のび太の月面探査記(39

のるかそるか

パーフェクト・ワールド

バーフバリ 伝説誕生

バーフバリ 王の凱旋

パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち(1

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(3

ハウルの動く城

バケモノの子

パシフィック・リム

バジュランギおじさんと、小さな迷子

ハスラー

ハスラー2

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー part2

バック・トゥ・ザ・フューチャー part3

バックドラフト

パッチギ!

バットマン(1

バットマンリターンズ(2

バッファロー'66

バトル・ロワイアル

ハリーポッターと賢者の石(1

ハリーポッターと秘密の部屋(2

ハリーポッターとアズカバンの囚人(3

ハリーポッターと炎のゴブレット(4

ハリーポッターと不死鳥の騎士団(5

ハリーポッターと謎のプリンス(6

ハリーポッターと死の秘宝part1(7

ハリーポッターと死の秘宝part2(8

パルプ・フィクション

パンダコパンダ

パンダコパンダ雨降りサーカスの巻

美女と野獣

羊たちの沈黙

ヒックとドラゴン

陽のあたる教室

ビューティフル・マインド

昼下がりの情事

ビルマの竪琴

ファーゴ

ファイト・クラブ

ファインディング・ニモ

ファンタジア

フィールド・オブ・ドリームス

フィッシュストーリー

フィフス・エレメント

フォレスト・ガンプ/一期一会

ふたり

フライド・グリーン・トマト

フラガール

ブラック・スワン

ブラッド・シンプル

フランケンシュタイン(1994

プリティ・ウーマン

ブルース・ブラザース

ブルース・ブラザース2000

プレデター

プレデター2

プロジェクトA

平成狸合戦ぽんぽこ

ベイビー・ドライバー

ベスト・キッド

ベスト・キッド(2010

ベティ・ブルー 愛と激情の日々

ホーム・アローン

ホーム・アローン2

星の王子 ニューヨークへ行く

火垂るの墓

ボビーフィッシャーを探して

ボヘミアン・ラプソディ

ホリデイ

ポリス・ストーリー/香港国際警察

マーヴェリック

マイ・インターン

マイノリティ・リポート

マイ・フェア・レディ

魔女の宅急便

マトリックス(1

マトリックス リローデッド(2

マトリックス レボリューションズ(3

真夜中のカーボーイ

マリフィセント

マルコムX

マルサの女

マルサの女2

マルタイの女

Mr.エンジェル/神様の賭け(ほとんど天使)

未知との遭遇

ミッション

ミッション:インポッシブル(1

ミッドナイト・イン・パリ

耳をすませば

みんなのいえ

ムーラン・ルージュ

めいとこねこバス

めぐりあう時間たち

めぐり逢わせのお弁当

メン・イン・ブラック

モアナと伝説の海

燃えよドラゴン

もののけ姫

モンスターズ・インク

ヤングガン

ユージュアル・サスペクツ

用心棒

ライオン・キング

ラビリンス/魔王の迷宮

ラ・ラ・ランド

ランボー(1

ランボー/怒りの脱出(2

リトルマーメイド

リトル・ミス・サンシャイン

リメンバー・ミー

ル・アーヴルの靴磨き

ルパン三世カリオストロの城

ルパン三世バビロンの黄金伝説

ルパン三世ルパンVS複製人間

Ray/レイ

霊幻道士

レオン

レザボア・ドッグス

レディ・プレイヤー1

恋愛小説家

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(1

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(3

ローマの休日

ロジャー・ラビット

ロッキー

ロッキー2

ロッキー3

ロッキー4/炎の友情

ロボコップ(1

ワーキング・ガール

わたしは、ダニエル・ブレイク

わんわん物語

| こんな映画を見ました | 15:34 | comments(0) | -
映画タイトル

「バットマン」を1回も見たことがなくて、いろんなバットマンを見たんですよね。

タイミング的に「ジョーカー」を映画館に観に行く前に観たんだっけかな。。。

ダークナイトシリーズは面白かった。でも映像が思い出せるのはティム・バートンのバットマンですね。インパクトが凄い。

 

 

ジャンルが違い過ぎるので比べられるものではないですが、この中で最強は「ノーカントリー」。

 

「ドリーム」「スリー・ビルボード」「ファーゴ」「帰ってきたチャンピオン」「シカゴ」もいい。

「2001年宇宙の旅」「シャイニング」も強い。

「スタンド・バイ・ミー」は言わずもなが。。。

| こんな映画を見ました | 13:24 | comments(0) | -
映画タイトル

去年あたりから積極的に映画を観るようにしてますが、その分本が読めなかったり、ゲームが出来なかったりもします。

でも、映画のいいところは2時間で物語が起承転結するところ。

短い時間でたくさんの人生を疑似体験できて、知らない知識も得られるので、時間の使い方としては優秀な娯楽に感じます。

 

 

この中で大好きなのは「リメンバーミー」ですね。

 

「キングオブコメディー」「バットマンリターンズ」「ブラッドシンプル」「赤ちゃん泥棒」「バッファロー66」も好き。

この「キルビル」は2ですね。キルビルは1、2で一つの話なので1、2セット推しですね。

| こんな映画を見ました | 14:14 | comments(0) | -
映画タイトル

部屋を暗くしてテレビの画面をスマホでパチリ。アナログ。

せっかくなのでブログに残しておくことにしました。

 

 

この中だと「50回目のファーストキス」が凄く良かったですね。

「カッコウの巣の上で」「さらば青春の光」「ローマの休日」「クレイマークレイマー」「スパイダーバース」

好きですね。

 

 

| こんな映画を見ました | 14:05 | comments(0) | -
「完全なるチェックメイト」と「ボビーフィッシャーを探して」軽くネタバレあり。

「完全なるチェックメイト」

 

 

監督:エドワード・ズィックス

脚本:スティーヴン・ナイト

音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演:トビー・マグワイヤ

   リーヴ・シュレイバー

 

実在した人物、天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの物語。

世界チャンピオンのボリス・スパスキーとの対戦までの半生を描く。

 

ボビー・フィッシャーはユダヤ系ロシア人の系譜で母親は共産主義者。一家はソ連のスパイ容疑をかけられ、CIA?に見張られながら生活している。

そんな中、少年ボビーはチェスにのめり込み、才能を発揮、次々と歳少年記録を打ち立て遂にソ連にいる世界チャンピオンボリス・スパスキーとの対戦することになる・・・。

ボビーはチェスに心を侵され、母親への反感からか、ソ連やユダヤ人への疑念が膨らみ、精神病になっていく。

 

 

ボビー・フィッシャーは晩年日本でも生活していたようですね。

主演のトビーマグワイヤはご存知スパイダーマンの中の人。

スパスキー役のリーヴ・シュレイバーはアニメ「スパイダーバース」のキングピンの声の人。

っていうスパイダーマン繋がり♪

 

 

 

 

 

「ボビー・フィッシャーを探して」

 

 

監督:スティーヴン・ザイリアン

脚本:スティーヴン・ザイリアン

音楽:ジェームズ・ホーナー

出演:マックス・ポメランク

   ジョー・マンテーニャ

   ジョーン・アレン

 

実在する天才チェスプレイヤー、ジョシュ・ウェイツキンの物語。

公園で大人たちが興じていたストリートチェスを見てチェスにのめり込むジョシュ。

ジョシュに、ボビー・フィッシャーの再来を感じた父親やチェスのコーチは、少年にボビー・フィッシャーのようなチェスをしろと指導する。

行き過ぎた指導から我が子を守る母親、改心する父親、チェスでがんじがらめにしていた生活から離れていく。

 

 

 

 

 

 

精神を壊してしまった、ボビーフィッシャーと対比してみると面白い。

 

母親を憎み反感を持ちチェスに飲まれていったボビー・フィッシャー。

チェスは楽しみの一環として、野球や釣りもやり、家族に見守られながらチェスのチャンピオンになったジョシュ・ウェイツキン。

 

 

実在するジョシュはこの映画の製作後、あの映画のモデルになった人物だと、みんなから注目され過ぎたのに嫌気がさし、チェスをやめてしまったようです。

でも数年後、全く違うジャンルの太極拳で世界チャンピオンになったんですって。

凄い・・・。

 

 

頭脳を使う競技でも、体を使う競技でも、基本を体得することが重要。

それこそがその競技やシステムの原理に繋がっているから。

その分野の基本原理が詰め込まれたことを学び練習し、感覚レベルまで落とし込む。

それがその後の応用に繋がる。

みたいなことを書いた本も書いている見たいです。

いつか読んでみよう。

 

 

ジョシュ・ウェイツキン著書

一つを極めれば、他は自ずと理解できる『習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法』

 

 

 

| こんな映画を見ました | 17:37 | comments(0) | -
レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う

ゴー・アメリカの続編。

 

監督、脚本、音楽、出演者、たぶん一緒か、だいたい同じ。

 

 

 

 

ゴー・アメリカの最後でいなくなってしまった敏腕ケチケチマネージャーが、悟りを開いてモーゼになって復活。

 

 

やる気のカウボーイズも、マネージャー復活にしゅんとなります。

 

 

今度は、まだアメリカに居たがるレニングラード・カウボーイズを無理やり故郷ロシアに連れて帰るお話。

 

 

モーゼになった敏腕マネージャーの不可解な行動に振り回されるレニングラード・カウボーイズとそれを追うFBI。

 

 

鼻をね・・・。

 

 

ゴー・アメリカよりさらにシュール。

 

 

最後の晩餐的な?

 

 

赤いバスが映えます。

 

 

深い意味があるのか意味なんてないのか?分からないけど空気が好き。

 

 

 

 

 

 

| こんな映画を見ました | 16:23 | comments(0) | -
レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

 

 

監督 アキ・カウリスマキ

脚本 アキ・カウリスマキ 他

音楽 マウリ・スメン

出演 マッティ・ペロンパー

   レニングラード・カウボーイズ

 

 

 

ロシア、ツンドラの荒野で活動しているバンドが、敏腕?マネージャーとアメリカへ渡る話。

 

 

ロシアの音楽プロデューサーに売り込むも「これはモノにならないが、アメリカに行けば何とかなるかも」と言われ、アメリカへ。

紹介されたニューヨーク、マンハッタンの音楽プロデユーサーにもアメリカでデビューは出来ないが俺の従妹がメキシコで結婚式をやるからそこで演奏しろと言われ(遠回しに仕事を断られたのではないだろうか)一路メキシコへ。

 

 

ニューヨークからメキシコまでのロードムービー。

ケチケチ敏腕マネージャーとのやりとりが面白いコメディーなんですけど、レニングラード・カウボーイズのバンドとしての進化も面白い。

 

 

「アメリカではロックが流行ってるんだ。知ってるか?」と言われれば音楽雑誌とレコードを買ってロックンロールを勉強するカウボーイズ。

 

 

ロシアでは「ポルカ」、テネシー州メンフィスでは「ロックンロール」、ニューオリンズのバーでは「テキーラ」、テキサス州ガルベストンでは「カントリー」、ヒューストンではヘルズエンジェルスに囲まれながらSteppenwolfの「Born to Be Wild」を、メキシコではちゃんとメキシコっぽい曲(リメンバーミー的なラテンな曲)を演奏。

 

 

ポルカしか演奏できなかったカウボーイズがその土地でウケる曲をガンガン演奏していきます。

 

 

ニューヨークからメキシコまでの道のりも、ブルースやロックにまつわる土地を巡り、その街並みや風景もアメリカンで、とても良いのです。

 

 

 

レニングラード・カウボーイズは、スネ夫みたいな髪型と髪と同じくらい尖った靴がカッコいいのです。

 

↑死んでます。

 

好き。

 

 

| こんな映画を見ました | 14:27 | comments(0) | -
俺的ベスト映画50。(2019年が終わって)

ベスト1

 

ブルース・ブラザース

 

2位〜10位(あいうえお順)

 

E.T.

スクール・オブ・ロック

スタンド・バイ・ミー

スティング

フィッシュストーリー

Mr.エンジェル/神様の賭け(ほとんど天使)

ラ・ラ・ランド

リメンバー・ミー

ルパン三世 カリオストロの城

 

11~20 (あいうえお順)

 

キューブ

キング・オブ・コメディ

ショーシャンクの空に

タクシードライバー

ドリーム

ノーカントリー

パルプ・フィクション

ブラッドシンプル

耳をすませば

リトル・ミス・サンシャイン

 

21~50(あいうえお順)

 

アマデウス

アルマゲドン

オーメン

キル・ビル1、2

キングコング(2005

ゴッド・ファーザー1、2、3

サウンドオブミュージック

サマーウォーズ

シカゴ

Shall we ダンス?

十二人の怒れる男

ジュラシックパーク

ジョーカー

シン・ゴジラ

スィングガールズ

スリー・ビルボード

セッション

ターミネーター1、2

ディパーテッド

天国から来たチャンピオン

時をかける少女(アニメ)

ニュー・シネマ・パラダイス

バーフバリ1、2

バック・トゥ・ザ・フューチャー1、2、3

羊たちの沈黙

ファーゴ

ファイト・クラブ

ブルース・ブラザース2000

用心棒

ル・アーヴルの靴磨き

 

| こんな映画を見ました | 13:36 | comments(0) | -
スリービルボードまとめ(ネタばれです)

自分だけでは全く気付かなかった監督の裏メッセージ。

これは、おかえもんさんの解説を読んで、私なりの感想も交えて「スリービルボード」をまとめてみたものです。

 

 

 

 

 

スラングだらけのセリフ回しに隠されたこと。

 

 

 

ホワイトトラッシュが多く住む田舎町。

映画の中では、訳された字幕では表現しきれない汚い言葉が飛び交います。

(あー字幕なしで映画を見られるようになりたい♪あ~あ~翻訳こんにゃくがあったらなー!)

 

例えば、

 

「buck」って「鹿」だったり「1ドル」だったり「責任」だったり、いろんな意味があるそうです。

「スリービルボード」では、この「buck」がいろんなセリフに使われているそうです。

主題歌の題名にも「Buck」がはいってます。

「Buckskin Stallion Blues」鹿毛の種馬ブルースは、「絶倫はげ男の責任」とも取れなくない。

そういえば劇中に鹿も出てきます。

 

ウィロビー署長がディクソンと看板の周りで再捜査してる(フリ)の場面でのウィロビー署長のセリフ。

「Lay off that Welby guy」

は字幕だと

「レッド・ウェルビーは放っておけ」

と訳されているのですが

「レッド・ウェルビーを仕事が出来ない状態にしろ」

ともとれるそうです。

再起不能にしてやれという意味の「あいつに暇をやれ」とか「ラクにしてやれ」みたいにいない感じですね。

ディクソンはウィロビー署長が自殺した後、思い出したように命令を実行します。

 

ウィロビー署長がミルドレッドに宛てた手紙は皮肉にも取れるニュアンスが含まれている言い回し。

ディクソンに宛てた手紙は「いつもお前を小ばかにするミルドレッドを逮捕するのは簡単だぞ」というアドバイス(命令)が含まれているようにも読めるようです。

二人は皮肉と受け取らず、命令にも気づかないまま、ハートウォーミングな良い手紙だと勘違いしてしまいます。

 

「pot」は「花鉢」だけどスラングで「マリファナ」

ミルドレッドが看板の前で「pot」を植えこんでいると、それに誘われるようにシカ「buck」が寄って来ます。

アンジェラが憑依してる鹿を見て「あなたがアンジェラの生まれ変わりだなんて信じない」と自分に言い聞かせるミルドレッド。

一見感動の場面ですが、ミルドレッドの盛大な勘違いを笑うところのようです。

もちろん看板の「HOW COME CHIEF WILLOUGHBY?」に鹿「buck責任」を被せるメッセージにも気づかない。

 

ミルドレッドが息子のロビーと口論する場面、アンジェラが家出をする場面の回想でもロビーは女たちのことを「cunt」と言います。声を合わせてミルドレッドとアンジェラが怒った場面です。

「クソアマ」みたいに訳されていたと思いますがスラングで女性器のことです。(スラングの中でも最悪の言い方らしいです)

ロビーはミルドレッドに「old cunt」と言い放ちますがミルドレッドは「oldじゃないわ」と応えています。

 

ミルドレッドはディクソンのことをわざと一瞬間を取るように「ディク ソン」と言います。

「Dixon」を「Dick Son」とバカにしながら呼んでいるのです。「ちんぽこ小僧」とでもいいましょうか。

 

最後にミルドレッドとディクソンが仲良く車に乗ってアイダホに出かけるじゃないですか。

「Old Cunt」は「Dick Son」とくっついて出かけて行きましたっていう、すさまじく下品なブラックユーモア。

 

 

マーテイン・マクドナーが書いたコーエン兄弟オマージュ作品ですから・・・。

 

「スリー・ビルボード」は、ヒューマンドラマの皮を被った、ファッキンオカルトブラックコメディ。

 

死んだ娘からのメッセージもむなしく空回り。

母親よ、勘違いに勘違いを重ね、いったいどこへ転がってゆく・・・。

イースターに起こったちょっと不思議な物語。

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

蛇足。

 

 

 

きっとアメリカによくあるような田舎町の風景。

そこには、人種差別主義者、同性愛差別主義者ばかりの警察官、理不尽な暴力、理不尽な逮捕、カトリック教会の性的児童虐待問題、女性差別発言、ドラッグが氾濫している・・・。

日常に溶け込むように腐った社会問題が描かれています・・・。

 

すぐ逆上する浅はかな女性ミルドレッドの考えなしの行動により、悪いことなんかするはずもない社会的に権威のある警察署長の男性ウィロビーが自殺に追い詰められるが、紳士は死してなお残されたものに気遣いを見せる。

自分を追い詰めた犯人にさえ・・・。

 

「憎しみは憎しみしか生まない」「優しさや愛こそが大切なんだ」

ちょっとおかしいことには目を瞑りなかったことにすれば、この映画は愛に満ちたヒューマンドラマ。

 

 

 

「見える事や信じたい事」と「真実や真相は違う」

 

 

 

この映画はそんなことを伝えてくれた。

 

そんな感想。

 

 

 

おかえもんさんの考察に出会わなければこんなに面白い映画だと知らないまま流れていっただろう作品。

 

スリービルボードを見た後、コーエン兄弟の作品に興味をそそられ「ファーゴ」「ノーカントリー」「ブラッドシンプル」を、

マーティンマクドナーの別作品「セブンサイコパス」を見ました。

 

| こんな映画を見ました | 13:56 | comments(0) | -
| 1/5PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE