Jolly's blog

横浜市金沢区・花の店ジョリー
<< FIRE DOG BABE !! | main | ガキの見解。 >>
サイレントマジョリティー

働きアリの法則ってのがあって、同じアリの巣にいるアリの2割は「働き者のアリ」6割が「普通に働くアリ」残りの2割が「怠け者のアリ」なんですって。

 

その2割の怠け者のアリだけをピックアップして巣を形成させる(全員怠け者)と、ちゃんとその内の2割は働き者になって6割も普通に働くようになるらしいです。(2割は怠け者のまま。真の怠け者です笑)

 

これはアリに関わらず、人が作った組織、学校とか会社などでも同じような割合で働き者や怠け者が出てくるらしいです。

 

バリバリやる2割の人間が会社をひっぱり、2割はろくに働かないでうまいことやってるか窓際。

 

試験を受けて同じくらいの学力があるはずの生徒が集められた学校でも2割の子は落ちこぼれる。

 

(前にも同じようなことを書いたかもしれませんがまぁいいか)

 

放っておいても集団の2割は頑張るらしいですね。

 

 

 

2:6:2の法則は他にも当てはまって、

 

物事に関して意見を求めると、大体2割の人は肯定的で、2割の人が批判的、あとの6割はどちらでも良いか、無関心という結果になることが多いんですって。

 

おもしろい。

 

だから会社で何か企画を通したり、新商品をプレゼンするときも、2割は賛成、2割は反対なので残り6割のうち1割くらいを賛成になびかせるといいらしいです。

 

3割賛成2割反対だと、残りのどっちでも良い人たちは多数派の賛成に同意してくれて企画が通るらしいです。

 

 

 

政治も似たようなもんで2割のシンパと2割のアンチがいるわけです。

 

そして意見を言わない6割の人がいる。

 

この6割の多数派は「サイレントマジョリティー」って呼ばれています。

 

(メジャー、マイナーという言葉には馴染みがありますが、あんまりマジョリティーって言わないですもんね。マイノリティーは最近よく耳にしますが。)

 

声を出さない多数派は、政治の世界ではしばしば肯定意見として扱われてきました。

 

NOじゃなければYESなんだろう。

 

って。

 

 

 

秋元康も欅坂46に歌わせてますね。

 

さあ未来は君たちのためにある

 

YESでいいのか サイレントマジョリティー

 

って。

 

 

 

 

 

選挙が近いのでこんな話。

 

 

 

 

 

花屋のおっさん

 

| いろいろ考えてしまうようなこと | 18:40 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE