Jolly's blog

横浜市金沢区・花の店ジョリー
<< ル・アーヴルの靴磨き | main | オー!ファーザー >>
俺「ブルース・ブラザース」が大好きなんだな。

パトカーを振り切った二人は家路に着きます。

 

メインストリートには怪しい店が立ち並び、ストリートガールが立っているようなネオン街、その裏通り、高架下にある男性専用の安いホテルでエルウッドは寝泊りしています。

 

二人がその安ホテルの入り口に着くと車に乗った謎の女が出てきます。

おもむろにロケットランチャーを取り出しジェイクの顔にロックオン。

次の瞬間容赦なくぶっ放す女。

(意味が分からない!!)

殺気を感じたのかしゃがみ込んでロケットを回避する二人、破壊されるホテルの入り口。

でも二人は服のほこりを払い何事もなかったかのようにホテルの階段を上がっていきます。

(ぶっ放す謎の女はキャリー・フィッシャー、スターウォーズのレイア姫です。)

 

ベッドひとつでいっぱいになるような狭い部屋。

窓の外にはひっきりなしに電車が通り、凄い騒音。

そのたびに冷蔵庫が揺れます。

 

運転免許証で名前も住所も警察にばれてバンド仲間なんか探す前に捕まっちまう。

と愚痴るジェイクに、免許証には西アディソン1060と書いといたから大丈夫というエルウッド。

「1060?リグレー球場じゃねえか・・・。」とニガ笑い。

 

明日からメンバー探しだ。

と眠りにつくジェイク。

 

そこは俺のベッドだぞと文句を言いながらジェイクに毛布を掛けてやるエルウッド。

 

夕食の食パンをあぶりながら黄昏るエルウッド。

 

 

 

シカゴは、経済が発達し、ミシガン湖沿岸に立ち並ぶ高層オフィスビル群に、高級ホテル。

ダウンタウンには野球場に美術館、ブランド店が立ち並ぶ大都会というイメージ。

 

一方で、郊外には経済の発達を支えた工業地帯があり、そこで働く労働者が暮らす下町があり、ショッピングモールがあり、屋根に斜めに十字架が立ったまま直せない教会や、税金が払えないで困ってる孤児院、宿代も払えない酔っ払いが寝転がる繁華街、犯罪者の入る刑務所だってある。

 

ブルース・ブラザースには「ブルースの街シカゴ」のキレイなところも汚い所も、表も裏も、丸ごと全部詰め込まれている。

 

 

 

 

 

 

つづく。

 

| どうでもいい話 | 15:22 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE